悪口を書かれて信用を失った時

会社信頼が低下するケース

順調に会社を経営していくためには、お客さんから信頼されることが大事です。
何かの製品を作ったり、サービスを提供していたりする時は信頼を意識してください。
ですが、ささいなことがきっかけで信頼は急に低下します。
例えばインターネットに、悪口を書かれることです。
あそこの会社で作っている製品はダメだと書かれると、それを信じるお客さんがいます。

すると会社に対する信頼が、なくなってしまうでしょう。
悪口や嘘の情報によって信頼が低下した場合は、犯人を信用毀損罪で訴えることができます。
きちんと訴えて対処すれば、犯人は書き込みが嘘だったことを認めてくれます。
するとお客さんが次第に戻って来るので、経営状態が良くなります。

業務妨害罪に当てはあることもある

会社の風評被害を解決できる法律は、信用毀損罪の他にもう1つあります。
それは業務妨害罪です。
こちらの名前の方が、聞いたことがある人が多いかもしれませんね。
信頼が低下したことによって、製品が売れない、お客さんが来てくれないなどのトラブルが生じた際は、業務妨害罪が適応されるパターンが多いです。

こちらの法律では、損害賠償を相手に請求できます。
風評被害が原因で会社に不利益があった場合、損害賠償を求めた方が良いです。
すると被害を受けた分を、少しでも取り戻すことができます。
書き込みをした犯人は、名誉毀損罪と同じく3年以下の懲役、もしくは50万円の罰金という罰を受けます。
経営状態に大きく関わることなので、きちんと裁きましょう。