風雨被害に遭ったらどうすれば良いのか

悪口を言われた時は訴えよう

誰かに悪口を言われて訴えたいと思ったら、名誉毀損罪に当てはまります。
悪口の他に、嘘の情報をインターネット上に書き込まれた場合も同じです。
相手を法律で裁く場合は、告訴しなければいけません。
個人の悪口を書かれた時に名誉毀損罪が成立すると思っている人が多いですが、会社の悪口を書かれた場合でも成立します。

自分の悪口をインターネット上に残しておくのは、おすすめできません。
知り合いがそれを見たら、付き合いをやめてしまう恐れがあります。
また、自分の就職にも響く危険性があります。
最近は新入社員の情報を、インターネットで検索する会社が増えています。
その時に悪い噂が見つかったら、採用を取りやめてしまうかもしれません。

名誉毀損罪に当てはまった相手

相手を無事に名誉毀損罪で訴えることができたら、相手はどうなるのでしょうか。
一般的には、3年以下の懲役、または禁錮になります。
もしくは50万円以下の罰金を支払う決まりになっています。
どこのような罰を受ければ、相手は2度と同じような悪口をインターネットに書き込まなくなるでしょう。
何もしないままでは、相手は調子に乗ってもっと悪口を書きます。

きちんとした対応をしないと、こちらの評判がどんどん悪くなると思ってください。
少しの風評被害しか受けていない場合は、重い罰を与えることはできないかもしれません
それでも少しで良いので、罰を与えた方が良いです。
自分ではどうすることもできないので、法律に裁いてもらいましょう。